友達が心配でプロペシアをおすそ分け!長い付き合いの育毛剤

プロペシアの注意点

プロペシアというのはAGA治療には欠かせない治療薬の一つ。継続利用することでAGA進行の抑制ができ、頭皮に元気な毛髪を育てる環境づくりが可能な治療薬なのです。

男性型脱毛症のAGAを発症した際、減る毛に対して育毛や発毛によって対抗していくのはたくさんの方が行っている対処法だと思われます。一般的なドラッグストアでも育毛シャンプーのようなものは手軽に購入可能で、それを使用することによって毛髪の元気をとりもどしている方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし毛髪が減少していく原因である物質をどうにかしないことには根本的な部分の解決にはなりにくく、状況によっては毛髪の減少に育毛が追いつかないということもあるようにもなるでしょう。育毛や発毛した髪の毛が元気に育っていく頭皮環境づくりには、正常な頭皮環境の状態が不可欠となります。

AGAはジヒドロテストステロンという物質によって発生します。これは男性ホルモンのテストテロンと、5α還元酵素が結びつくことで発生する物質なのです。よく男性ホルモンが禿の原因だと言われていることもありますが、厳密に言えば男性ホルモンはその原因物質を作る一端になってしまっているというだけなのです。また男性ホルモンというのは若さや健康的な身体の為に必要となってくるものですのでホルモンバランスを維持するためにも男性ホルモンは減らすようなことはすべきでは無いと思います。

ですので阻害すべきは5α還元酵素の方。プロペシアの主成分であるフィナステリドは5α還元酵素がテストテロンと結びつくのを阻害してくれるためジヒドロテストステロンが生成を抑制する事ができます。この働きによって毛髪の健康的な成長環境は維持が可能となって、髪の毛が細く伸びなくなったりという成長不具合がなくなるようになります。

けれどもフィナステリドの効果は薬の服用が半年以上でなければその効果を確認することができません。そもそも髪の毛自体がヘアサイクルという数年かかるサイクルによって生え変わりなどが循環している以上髪の毛への影響は年単位でなければ確かなものにはならないのです。薬を使っての治療は長く継続を行っていくことを前提に確実に行うことが重要です。

継続利用の際に気になってくるのが副作用の話です。長く使う以上副作用が発生するような薬では継続は難しくなりますが、幸いな事に報告の中にあるものでは重篤な状態に陥るものは殆ど無く、症状が発生することもごくわずかなようです。勃起不全が話題に上がりますが、それでも発生確率で言えば1%未満に収まります。万が一何かしらの異常が感じたのならば早期に診察を受けるべきですが、最初から気にすべきほどではないので安心して使っていけるでしょう。